名刺作成の際は顔写真を入れるなど少し工夫をしてみよう

カードケースと名刺

一発で覚えてもらえる名刺ってどんなもの?

名刺を見せている女性

毎日たくさんの名刺の受け渡しが日本全国で行われています。しかし、2回目、3回目と連絡を取り合う中になる人はどれほどいるでしょうか。そうして連絡を取らないでいると、しばらくして名刺を見返した時に誰が誰だかわからなくなってしまいます。そして整理の時には誰のかわからない名刺は処分されてしまうでしょう。そんな時覚えやすい工夫がしてあったら、思い出してもらえ、ちょっと連絡してみようという気持ちになるかもしれません。では思い出しやすい名刺の工夫はどのようなものなのでしょうか。
一つ目の工夫は自分の顔写真を入れることです。顔写真が入っている名刺だけでも珍しい上に、顔ほど情報を持っており、自分のアイデンティティが示せる部位はありません。そして顔は誰しも持っているので、用意することは簡単です。顔を見て思い出してしまえばそこからは芋づる式に思い出してもらえればしめたものでしょう。
二つ目の工夫はバーコードを入れることです。フリーランスの方の場合自分のツイッターやブログを持っている人が多いでしょう。そのような場合、アドレスを書いておくよりも、バーコードを入れておく方が簡単にアクセスできるので、アクセスまでのハードルが下がります。そして、ページを見てもらえれば、こんな人と昔あったなと思い出してもらえるでしょう。

Choices