名刺作成の際は顔写真を入れるなど少し工夫をしてみよう

カードケースと名刺

工夫した名刺を作成しよう

名刺はお客様に名前を覚えてもらうためのツールです。初対面の際に名刺を交換するかと思いますが、もらった本人も、あとから顔と名前が思い出せない場合もあります。そこで、このようにいかに顔と名前を一致させ、覚えてもらうための、名刺作成の工夫について紹介します。それは、顔写真入りの名刺です。
企業で作成する名刺においては、名刺のレイアウトが決まっており、なかなか顔写真を入れた名刺を作ることは厳しいと思います。そこで、補足として渡す名刺を自分で作るのです。名刺作成ができる場所は基本的に文具を扱うお店であれば、作成ができます。
一般的に、一度に発注できる枚数は100枚単位です。写真ももちろん入れることができますし、名刺の紙の種類、フォントの形式、フォントの大きさもオーダーすることができます。もちろん、オーダーする内容により、作成金額が異なりますので、注意してください。
写真については、スーツ姿で写っているものが一般的であると思いますが、中には趣味のスポーツなどをやっている姿も写真として利用ができます。初対面の方が同じ趣味であることがわかると、話もしやすくなります。このように、写真付きの名刺には利点がありますが、個人作成となる場合が多いため、費用は自己負担となることを留意した方が良いです。

名刺発注の際に気をつけるポイント

世界中で初対面の際に名刺を交換します。名刺には名前や所在地、電話番号、メールアドレスなど、多くの情報が含まれています。そこで、名刺を作成する際に注意すべきポイントを紹介します。それはずばり、間違った情報を名刺に載せないことです。名前を間違えることはあまりないと思いますが、よくある誤りは、郵便番号、所属部署名、電話番号、メールアドレスの4つです。
特に、電話番号とメールアドレスには注意が必要です。電話番号を誤ると、以後の取引や関係に支障がでる恐れがあります。メールアドレスについてはドメイン名を誤る場合が多いです。たとえば、最近では企業のメールアドレスのドメインの種類が増えました。最後が.comか、.co.jpか、.jpかは正確に記載をしましょう。かつて、ドメイン名の誤りがあることを気づかずに名刺を渡してしまい、以後、名刺をお渡しした方にお詫びのメールと電話をした経験があります。
更に修正した名刺を発注しなければならなくなり、会社に無駄な費用を捻出させてしまう結果にもなりました。このように名刺の情報に誤りがあると、周りに迷惑をかけてしまいますので、発注する際には記載内容を必ず確認するように注意をしましょう。

覚えてもらえる名刺を作るには

名刺の作り方は本当に色々あり、一から名刺を作る時は迷ってしまいますね。まず作る場所としては、パソコンで作る方法、名刺印刷屋に頼む方法の二つが大きくあります。自宅のパソコンで作る場合、制作料金は0円でかかるとしても紙代とインク代くらい。ただ、紙質は自宅のパソコンに入れられるものだけなので制限がある為、紙質にこだわりたいなら印刷屋に頼むのがベターです。次に名刺印刷屋に頼む場合。
これは自分でデータを持って行って印刷だけお願いする場合と、一からデザインもお願いする場合の2通りを選べます。名刺印刷屋に頼むとその分料金がかかりますが、料金は安いのから高いものまでピンキリ。安いものはデザインもフォーマットができていて、そこから選んで白黒印刷が一般的。
金額よりも名刺のクォリティにこだわりたい方はデザイナーに依頼して、紙質も山ほどある種類から選び、綺麗なカラーでオフセット印刷(一般的なチラシなどの印刷に用いられる大型機)までしてもらえます。オフセット印刷まで行くと金額も跳ね上がりますが、普通に印刷機でのカラー印刷も十分魅力的な名刺が作れると思います。名刺を作りたい人がどこにこだわりたいのか、しっかりと検討することがまず大事なことですね。


簡単でお手軽に作成が可能!周りの人とは違った名刺で印象に残る挨拶をしませんか?そんな名刺印刷ならリピーター様も多い《ADPRINT》がオススメ!

Choices